マンガランキング

週刊少年ジャンプのマンガランキング

少年チャンピオンは、ジャンプやサンデーなどの勢いに負け、最近ではなかなか有名なタイトルのマンガを出せていない状況ですが、読めばわかるチャンピオンの面白マンガは沢山あります。そんな週刊少年チャンピオンの人気の作品をランキング形式でご紹介していきましょう。

クローズシリーズ(7500万部)

クローズと言えば、チャンピオンで知られていなくとも、実写映画化もされ、大変人気の不良マンガとなっています。カラスと呼ばれる高校生の不良少年たちのケンカから生まれる友情を描いた物語です。シリーズはどれも繋がるストーリーがファンを魅了する内容になっています。

グラップラー刃牙シリーズ(5000万部)

週刊少年チャンピオンの人気マンガのTOPでは、独特の雰囲気を醸し出す書き方で描く、人気格闘マンガの刃牙が堂々の一位。地上最強の生物の父を超えるため戦う刃牙の物語です。様々な刃牙シリーズがあります。

ドカベン(4800万部)

野球好きのお父さん年代なら、必ずハマッて見ていたであろう大人気マンガのドカベン。連載は1972年から1981年と少し古い年代なのですが、堂々の人気で2位にランクインしています。

ブラックジャック(4500万部)

ブラックジャックとは、大御所漫画家の手塚治虫が、1979年1月から1983年10月まで連載をしていた、伝説の人気マンガです。手塚治虫は沢山のマンガを出していますが、いまだに発行部数でランクインしている歴史的マンガです。

弱虫ペダル(1400万部)

2008年から週間少年チャンピオンで連載開始された、競技用自転車を題材にされているチャンピオンの人気スポーツマンガの一作品です。累計発行部数が850万部にもなっている人気のスポーツマンガです。

マンガ週刊少年チャンピオンのランキングまとめ

チャンピオンの人気マンガをご紹介してきましたが、新しい世代に、土台を作ってきた世代と、チャンピオンの歴史が垣間見える作品のマンガが多いような印象をうけました。チャンピオンは最近では新しいドッ!と人気のでるマンガは連載されていませんが、古きものも新しいモノも根強い人気があるといったランキング結果ではないでしょうか?ジャンプの独走状態の人気マンガ雑誌業界ですが、今後のチャンピオンに期待していきましょう。